2015年8月

2015年08月27日

京都新聞に載りました

8月26日の朝刊に、Sweet Pea(子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんの患者会)が紹介されました。

新聞記事

2015年08月27日

今日からブログ始めました

残暑お見舞い申し上げます。
センターに飾ってる観葉植物に、虫たちがやってきました♪ほんとは折り紙です。
センターにお越しの際は見てくださいね。

ブログ用写真

NPO淡海かいつぶりセンターは、平成27年3月に英国マギ-ズキャンサーケアリングセンターをモデルに設立いたしました“がん患者さんやその家族、友人たちのための支援施設”です。治療後や再発時、または亡くられた後でも利用していただき、“よりよく生きる”ための生活に関わる情報や精神的な支援を行っています。

 

GUM06_CL11037

 電話相談(0775450232)をはじめ、面接での相談や様々なプログラムを提供しております。皆様からの寄付金というご厚意で運用しておりますので、アロマセラピーやリンパ浮腫相談は500円いただきますが、それ以外の相談やプログラムへの参加はすべて無料です。プライバシーは守ります。

  •   がんと言われた これからどうしたりいいの?
  •   患者を家族としてどう支えたらいいの?
  •   同じ立場の方とお話がしたい
  •   この不安な気持ちを聞いてほしい
  •   担当の先生に何を聞けばいいの?
  •   どの病院を受診すればいいの?

 など、あなたの悩みに寄り添います。

 これからも少しずつプログラムなどを充実させて、皆さんと一緒にかいつぶりセンターは育ててまいりたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

2015年08月27日

2015年度社会医学フィールド実習成果発表会開催予定

[開催日時]2015年10月下旬予定

[開催場所]NPO法人 淡海かいつぶりセンター

2015年度社会医学フィールド実習の成果報告会として滋賀医科大学医学科4回生が、「がん患者の支援策の検討」についての成果発表を予定しております。

※詳しい日時が決まりましたら、本サイト上で告知いたします。

 

2015年08月27日

リレーフォーライフ2015しが(ウォークラリー)開催

[開催時間]2015年10月24日(土)~25日(日)

「開催場所」休暇村近江八幡(宮ヶ浜)

〒523-0801 滋賀県近江八幡市沖島町宮ヶ浜 TEL.0748-32-3138

illust3344thumb

がん患者さんやその支援者たちの勇気を称え、
希望をわかちあう場として世界20カ国で毎年開催されてる
リレー・フォー・ライフ(RFL)。
世界中で400万人が参加するこのイベントでは、
がんと向き合う人たちが同じ病気を持つ仲間と出会い、
イベントを通して絆を深めることで希望を見出しています。

 

RFL(リレー・フォー・ライフ)について

RFLはアメリカがん協会によって運営され、
日本では公益財団法人日本対がん協会と各地の実行委員により主催されています。
RFLに参加できるのは、がんの告知を受けて悩みとまどいながら日々をすごす人、
つらい治療とむきあっている人、再発をおびえる人。またはがんで大事な人を亡くした人。

そしてそれらの人をそばで見守り支えている人。
それからがんとは直接かかわりを持たない人、つまり誰もが参加できるイベントです。


■がん細胞は24時間眠らない。がん患者は24時間闘っている。24時間つなぐリレーウォーク。

2014年10月にいよいよ滋賀でも初開催!ぜひ参加して命のタスキをつなごう!
1985年、一人の外科医がアメリカがん患者のために寄付を呼びかけて24時間歩き続けました。
翌年は一人で歩くかわりに友人らとチームを組み24時間タスキをつないで歩いたことからリレーウォークは生まれ、現在も続いています。

リレー・フォー・ライフ(RFL)について詳しくはこちら

リレー・フォー・ライフ2015しが開催要項

2015年08月27日

がん患者やその家族・友人・介護者を対象とした支援施設です。

NPO淡海かいつぶりセンターは、平成27年3月に英国マギ^-ズキャンサーケアリングセンターをモデルに設立いたしました“がん患者さんやその家族、友人たちのための支援施設”です。治療後や再発時、または亡くられた後でも利用していただき、“よりよく生きる”ための生活に関わる情報や精神的な支援を行っています。

 

GUM06_CL11037

 電話相談(0775450232)をはじめ、面接での相談や様々なプログラムを提供しております。皆様からの寄付金というご厚意で運用しておりますので、アロマセラピーやリンパ浮腫相談は500円いただきますが、それ以外の相談やプログラムへの参加はすべて無料です。プライバシーは守ります。

  •   がんと言われた これからどうしたりいいの?
  •   患者を家族としてどう支えたらいいの?
  •   同じ立場の方とお話がしたい
  •   この不安な気持ちを聞いてほしい
  •   担当の先生に何を聞けばいいの?
  •   どの病院を受診すればいいの?

 など、あなたの悩みに寄り添います。

 これからも少しずつプログラムなどを充実させて、皆さんと一緒にかいつぶりセンターは育ててまいりたいと思います。どうぞ宜しくお願いいたします。

 

2015年08月27日

子宮頸がん・子宮体がん・卵巣がんの患者会「Sweet Pea」

毎月第3水曜日14:00〜

[開催場所]NPO法人淡海かいつぶりセンター

[参加費]300円

がんになったことは、不運かもしれないけれど、不幸ではありません。

がんと告知されても、そこから新たなスタートにしてみませんか?

Sweet Peaの花言葉のように門出となるような場であり、出会いがありますように。

※スウィートピーの花言葉

門出・思い出・永遠の喜び

花の形が今にもm飛び立つ蝶のように見えることから「門出」と付けられました。

sweetpea

<お問い合わせ>

080-6141-4151(夛田 勢津子)

2015年08月27日

ウィッグと頭皮ケアとネイルケア無料試着と相談会のご案内

毎月第3日曜日14:00〜16:00
[開催場所]
NPO法人淡海かいつぶりセンター内 JR瀬田駅南口より滋賀健康とワタミの間を右に入り、約50m左手、深田ビル1F

医療向けウィッグ「スヴェンソン」です。
初めてのことで分からないことがわからない! ちょっと聞いてみたいetc・・・にしっかりご対応させて頂きます。 ウィッグ選びはとても大切です。 「スヴェンソン」のスタッフは脱毛ケアのスペシャリスト。 ご治療前からご治療後のケアまで皆様が快適な生活を送ることができるよう、トータルでサポート致します。 お急ぎでウィッグの準備が必要な方は事前にご連絡頂ければ、ご対応させて頂きます。
HP素材写真スヴェンソン

・科学療法治療前に知りたいこれからの毛髪について
・科学療法治療中の頭皮ケア
・医療向けウィッグは、既存製品¥36,800(税込)〜/セミオーダー¥144,000(税込)〜/毛帽子付きの帽子など、様々な製品をご覧頂けます。
副作用対策セルフネイルケア 病棟、ご自宅への訪問サービスを個別で無料相談致します。
お気軽にお立ち寄りください。(担当:池田)

<スヴェンソンへのお問い合わせ> 0120-59-0480

2015年08月26日

今まで消える事ばかり考えていた私の「心」が少し踏み留まった感じがします。

「かいつぶりセンター」オープン時、三日月知事やテレビ局が来るので会社の仲間とひやかし半分で参加する事になっていました。それが、急きょ再検査日となり、その結果オープン日が私の「がん告知日」となってしまいました。告知、検査、数値、医療用語、手術などは冷静に受け止められるのですが、年取った母、長い付き合いの友達夫婦には言えませんでした。そう、「心」の問題です。たぶん家族にも理解出来ないと思います。
家族の前で泣く事も出来ず、平気な振りをして、どんなにしんどくても助けてもらえない。濃いサングラスをかけ、車を飛ばしながら、一人で寝る時、涙があふれて止まりませんでした。今まであまり泣く事が無かったので、その分の涙が出ていると思うくらい次から次へ枯れる事を知らないかの様に流れました。手術が怖いとか、死ぬのが怖いとかでは無く、自分の存在が、家庭の食事の場面から、会社、仲間との集まり、定例の会合から無くなる、それを考える事が辛かったです。
手術前の検査も全て済み、何となく主人に誘われ「かいつぶりセンター」に寄ってみました。スタッフの皆さんが優しく私を受け入れてくださり、暖かく穏やかに時間の流れている場所でした。今まで消える事ばかり考えていた私の「心」が少し踏み留まった感じがします。私の様な考えの人や、パワフルに生活している人、もっと悩んでいる人など、沢山の会員さんが集まり何時行っても誰か居て、お茶など飲みながら悩み事を話し合ったり、色々な話題で盛り上がったり、その延長上に何か考え催し物を開催出来る仲間が出来たら素敵だろうなと思います。沢山の人の輪を繋ぐ場所として「かいつぶりセンター」が広まる事を期待してます。

Sさん 60代(♀)

2015年08月26日

女性同士、男性同士で話せることができる場で利用しやすいです。

女性のがんサロン・男性のがんサロンとそれぞれに分かれていて良かったです。
女性同士、男性同士で話したいことがあります。気を遣わなくて話せることができる場で利用しやすいです。
婦人科の病気は、サロンを開催しているところが少ないです。相談したいこと、聞きたいこと、悩みなどがプライバシーに関わることも多いですので、婦人科系がんの患者サロン『スイトピー』をかいつぶりセンターで開いていただけてありがたいです。
子どもが病院に入院していましたが、退院してから外来受診でもない限りわざわざ行きにくいです。土曜日に小児がんサロンをしていただけるので、学校のことや将来不安に思っていることが、少しずつ解決していける気持ちがします。
主人が亡くなって間がないです。同じ環境の方とお話をしたいです。

Tさん 50代(♀)

2015年08月26日

医師に何を聞いたら良いか分からず、相談しました。

がんと診断されて、詳しい説明を受ける予定になっております。どのような説明を聞いておけばいいのかわからない。また、周囲の人たちの気配りが気になってしまうのでどのように話していけばいいかわからないので相談したいと思いました。

S様 60代(♀)

2015年08月26日

優しくゆっくり私の話を聞いてくださって、気持ちが落ち着きました。

肺がんが見つかり手術を受けました、幸い早かったようで、後の治療は無く手術だけで済みました。”早期に見つかってよかった”という気持ちで普通に過ごしていますが、時折、”再発したらどうしよう。あと何年生きられるのか・・・・・“と不安がよぎり、こわくなって、どうしようもなくなる時があります。
友人に、かいつぶりセンターのことを聞いていましたので、勇気を出して電話しました。対応してくださった方が優しくゆっくり私の話を聞いてくださって、気持ちが落ち着きました。この次はかいつぶりセンターに行ってみたいと思います。

かいつぶりセンターが日曜日に開いていると知ったので出かけました。
平日は仕事をしているので自分ががん患者であることは忘れているのですが、それでも時折どっと不安が押し寄せてきます。がん患者さんと話してみて、皆さん不安な気持ちを抱えながらがんと向き合っていることがわかり、“私ひとりじゃないんだ”“私も明日からがんばろう”と勇気をもらいました、また参加したいと思います。

Kさん 60代(♀)

2015年08月26日

がんの治療を受けております。途中から主治医も変わられて相談しにくくなりました。 どうしたらいいかと相談に行きたいのですが、相談は無料ですか?

はい、無料です。お気軽にご相談にお越し下さい。又遠方の場合、お電話でのご相談も受けつけております。

2015年08月26日

ストマやリンパ浮腫について相談するためには、病院を受診してからになるので、いつでも相談できるのはいいですね。

はい、ストマやリンパ浮腫とどのように付き合っていくのがよいかなどのご相談に来られる方も多数おられます。

2015年08月26日

予約をしないとプログラムには参加できないのですか?

予約をお願いするのは、アロマテラピーとリンパ浮腫相談、ストマ相談です。
ですが、予約者がない場合もありますので、来館される前にお電話をいただきますと、ご相談をお受けすることもできます。

2015年08月26日

小児がん親子サロンには子どもと一緒に行っていいんでしょうか?

ほとんどの方がお子さんと一緒にお越しになられます。お父さんがお子さんと一緒にお越しになられることもあります。

2015年08月26日

駐車場はありますか?

申し訳ございません。駐車場はございません。お越しの際は、近隣の有料駐車場または公共交通機関をご利用ください。
瀬田駅から徒歩2分の便利な場所にあります。

2015年08月26日

滋賀県内に住んでいますが、県外の病院に通院しています。かいつぶりセンターを利用できますか?

もちろんです。